ERPとは




ERPとは

トップページで少し説明しましたが、

ERPとは、Enterprise Resource Plannning(エンタープライズリソースプランニング)の略です。

日本語では、「業務統合パッケージ」「統合基幹業務システム」などと言われています。

定義としては、

「最新のIT(インフォメーションテクノロジー)を活用した、受注から出荷までの一連のサプライチェーンと管理会計、財務開会人事管理を含めた企業の基幹業務を支援する統合情報システム」

です。

企業活動に必要な機能、例えば、販売、生産、購買、出荷、会計などすべてが含まれた情報システム
です。
その為、ERPのシステムは、「ERPシステム」「ERPパッケージ」と呼ばれています。

もともとERPは、海外で開発され、日本へ導入されました。

最初の頃は、海外メーカーが開発したERPパッケージを導入する企業が多かったのですが
最近では、日本のメーカーによる日本の商習慣にあったERPが多く開発され多くの日本企業に導入されています。

今までは、大企業や中堅企業の多くにERPパッケージが導入されていましたが
今後は、中小企業にも導入されていくでしょう。

その為に、価格の安いERPパッケージも開発、販売されています。

ERPの詳細については、「ERPの変遷」を参照していただければ、より理解が深まると思います。






[↑一番上へ]
[ERPパッケージの知識(ホームへ)]
11:062202