自社にあったERPシステム(パッケージ)とは




自社にあったERPシステムを見つけるにはどうすればよいでしょうか?

■まず、どんなITベンダーがあってどんなERPシステムやERPパッケージを販売しているかを調べる必要があります。

インターネットでもある程度は調べることができますが、オススメは、日経BP社が定期的に発行している、雑誌や、ERP関係の特集の雑誌です。

以下の
「ERP導入・活用 実践ガイド2009-10年版」や
「中堅中小企業のためのERP導入実践ガイド07-08年版」がオススメです。



ERPの導入のやり方やERPべンダーやERPパッケージの一覧があります。

■次に、自社に合ったERPベンダーを選択します。

選択した数社のERPシステムの説明会などに出席してみるのもよいですね。

ERPの展示会なども参加されるとよいと思います。

ある程度、ERPシステムが絞られたときには、以下のようなチェックリストで評価するのが良いと思います。

当然、導入目的や適用方針に合致するERPシステムでないといけないですね。

ERPシステムを比較する場合、よく使用されるのが採点表です。

採点表は大きく2つにわけます。

ひとつは、絶対に必要な項目です。
もうひとつは、あった方がよい項目です。

それぞれについての項目例です。
  1. 絶対に必要な項目

    • 自社の生産形態、業務形態に合致しているか。
      テンプレートなどがあるか
    • 必要な機能があるか。
      生産管理、品質管理など
    • 価格は適正か
    • 国内の導入実績はあるか
    • アドオン開発が容易か

    などです。

  2. あった方が良い項目

    • 複数拠点に対応しているか
    • 複数言語に対応しているか
    • 導入方法は明確か
    • 個別生産については原価管理に対応しているか
    • システム構成は、どうなっているか
      Wuindwos、Unix、Linuxか
    • 導入パートナーは信頼できるか
    • コンサルタントのスキルやレベルかどうか
    • 他のソフトとの統合性はどうか
    • マニュアルは豊富に提供されているか
    • サポートは充実してるか
    • トレーニングは充実しているか
    • 標準で提供されるデータ、帳票は十分か
    • 追加で必要なデータや帳票はユーザーが簡単に作成できるか。
      データウェアハウスの提供はあるか


これらに重み付けして最終合計して比較します。
こうすることで、経営トップに対してもERPの優劣をわかりやすく判断してもらうことができます。






[↑一番上へ]
[ERPパッケージの知識(ホームへ)]
11:062202