ERPと他のシステムとの比較(メリットとデメリット)




ERPと他のシステムとの比較(メリットとデメリット)

ERPと他のシステムとを比較した場合のメリットとデメリットです。

ERPと他のシステムの比較
システムの種類 メリット デメリット
会計や販売などの個別の業務パッケージソフト ・パソコンで稼動し、価格も数万円から数十万円と安い。
・買ってすぐに使え、誰でも比較的簡単に利用できる。
・他の業務パッケージソフトとデータの連携が難しい。
・自社の業務にあわせて自由に機能を拡張できない。
自社または、システムベンダーによる手作りソフトウェアの開発 ・必要な機能を自由に盛り込めるため使い勝手が上がる。
・別のシステムとも自由に連携ができる。
・機能の詳細がよくわかっている。
・開発期間が長くかかり開発の人件費が最も多くかかる。
・メンテナンスなどシステムの維持費もかかります。
ERPによるシステム開発 ・会計、生産、販売など各業務を容易にデータ連携ができる。
・開発の期間やコストが手作りより短く安くできる。
・アドオン(追加開発)すると開発期間や開発の人件費が余分にかかる。
・パッケージの中がブラックボックスになっているので、システムの詳細がわからない。

中堅企業におけるERPについては、

ERPパッケージ(ソフトウェア費用)は、1機能だけで数百万円、その他の機能を入れると
1千万円以上になります。

これに、自社の業務内容にあわせて追加の機能を作成(アドオン開発)するとその費用が追加されます。

また、ERPの導入に伴う導入費用も必要になります。

ERPシステムのハードウェアも必要です。
サーバー、データベース、OS、ネットワーク費用です。

最近は、中小企業向けの安いERPも多く販売されるようになっています。

また、ASP(アプリケーションプロバイダーサービス)やSaas(ソフトウェアとしてのサービス)などの新しいテクノロジーでERPパッケージを借りるサービスもあります。

自社の状況によって選択した方がよいと思います。

ERPについては、年間の売上の2から3%を導入費用にするのが一般的だと言われています。

ERPの導入価格については、別ページを参照してください。






[↑一番上へ]
[ERPパッケージの知識(ホームへ)]
11:062202