購買管理システム




購買管理システムは、部品や原材料の購買依頼に始まり、仕入先からの見積もり、仕入先の選定、購買発注、購買品の入庫、請求書の照合などの業務をサポートします。

購買管理システムは、生産管理システムや在庫管理システム、会計システムとも密接に連携しています。

大手のERPパッケージの購買管理システムは次のようなサブシステムになっています。

  1. 購買基準情報管理

    購買処理に関する材料・部品基準情報、購入先などの情報管理をおこないます。

  2. 購買管理

    購買依頼、見積もり依頼、仕入先選定、購買情報、購買発注、請求書照合などをおこないます。

  3. 請求書照合

    仕入先から到着した請求書を入力して、入庫と照合する機能です。

    請求書照合によって、在庫金額が最終的に調整・更新され、仕入先別の買掛金明細が会計に自動仕訳されます。

  4. 外注管理

    外注手配(請求)に基づき、支給管理を含めて発注をおこないます。







[↑一番上へ]
[ERPパッケージの知識(ホームへ)]
11:062202